Application screenupdating excel

Rated 4.70/5 based on 968 customer reviews

Do you wonder if your IT business is truly profitable or if you should raise your prices?

Learn how to calculate your overhead burden using our free interactive tool and use it to determine the right price for your IT services.

Raise Number:=vb Object Error ERR_VERSION_NOT_SUPPORTED, _ Description:="Newer version." Exit Property End Select If hwnd = 0 Then Err.

Raise Number:=vb Object Error ERR_NO_WINDOW_HANDLE, _ Description:="Unable to get the Power Point Window handle" Exit Property End If If Lock Window Update(hwnd) = 0 Then Err.

460281-Application-Screen Updating-false-does-not-work

The screen unfreezes apparently when VBA code copies a preformatted worksheet from the macro workbook into a new workbook, although other circumstances must trigger it as well.

この「VBA高速化テクニック」を書いたのは、1995年です。当時はパソコン通信でした。その後、インターネットの時代になり、私も自分のWebサイトを作りました。それがここ「Office TANAKA」です。Webサイトの公開当初には、まだコンテンツの数も少なかったので、パソコン通信時代に書いた「VBA高速化テクニック」をHTML化しました。それ以来、とても多くのExcelユーザーが、この「VBA高速化テクニック」を参考にしていただいています。それはそれで、とても嬉しいことなのですが。ただひとつ、どうも私の考えが"誤って"伝わっていると感じることも多いです。その典型が、本項「画面を止める」です。 よろしいですか?誤解のないようにハッキリ書きます。もし、画面がひんぱんに切り替わるようなマクロだった場合、そのときは、画面を止めるとマクロの速度が速くなりますよという話です。画面がひんぱんに切り替わるマクロというのは、たいていはマクロ記録したコードをそのまま使っているようなケースです。たとえば ○○. Select Selection.×× という書き方ですね。これは無駄です。手動操作でしたら、操作の対象を「まず選択」します。そして「選択した」対象に対して何かの操作を行います。手動操作だったら、こうするしか方法はありません。しかしマクロは手動操作の高速化ではありません。手動操作とマクロは、まったく違うんです。普通のマクロでしたら、 ○○. Select Selection.×× は、直接 ○○.×× と書けます。Selectしないでいいんです。たま~に「いや、マクロ記録したコードからSelectやSelectionを消して、直接書いたらエラーになったんだけど」という、訳の分からない反論を聞くこともあります。ほとんどの場合、エラーの原因は「Select~Selectionを消したから」ではなく、それ以外です。犯人は別にいます。えん罪です。 もう一度書きます。ここ、しっかり理解してください。画面がひんぱんに切り替わるようなマクロだったら、画面を止めると速くなりますよと。ただし、画面がひんぱんに切り替わらないようなマクロで画面を止めても意味がないですよと。 これから実証します。ここでは、Sheet1のセルをSheet2にコピーするマクロで速度を計測します。もちろん手動でコピーするのでしたら、画面がひんぱんに切り替わります。Sub test1は、画面が切り替わるままです。Sub test2は画面の更新を止めます。 Sub test2() Dim i As Long Application.

Screen Updating = False For i = 1 To 100 Cells(i, 1).

' -------------------------------------------------------------------------------- ' Copyright 1999-2018, Shyam Pillai, All Rights Reserved.' -------------------------------------------------------------------------------- ' You are free to use this code within your own applications, add-ins, ' documents etc but you are expressly forbidden from selling or ' otherwise distributing this source code without prior consent.' This includes both posting free demo projects made from this ' code as well as reproducing the code in text or html format.That's why I'm giving away my personal macro library for free.This powerful gift lets you automatically import all my macros directly into your spreadsheet with just one click.

Leave a Reply